シミウスの口コミねん。

 

シミウスで紫外線対策はできるの?

 

シミウス製品で紫外線対策ができるのは・UV美容液(顔用)・UVスプレー(身体用)・パーフェクトBBクリームの3種類です。

 

「UV美容液(顔用)」と「UVスプレー(身体用)」はSPF50でしっかりカバーします。

 

「パーフェクトBBクリーム」のみSPF15で他の2種類より低めですが、それにはしっかりとしたワケがあるのです。

 

SPFは必ずしも高い方が良いというわけではありません。

 

SPFが高くなると同時に、肌への負担も大きくなるからです。

 

肌への負担の小ささとUV対策、どちらとも考慮した上で一番適切な数値がSPF15なのです。

 

「ホワイトニングリフトケアジェル」には日焼け止め成分が含まれていません。

 

このジェルはマッサージクリームとして使用できるように作られた商品ですが、日焼け止め成分が入るとクリームの伸びが落ち、マッサージに適さなくなるからです。

 

また、日焼けした後の肌は敏感になっているので、マッサージで刺激を与えるのは良くありません。

 

日焼け後はマッサージクリームとしてではなく保湿クリームとして使用すると効果的です。

 

乾燥した肌にたっぷりの保湿成分が潤いを与えてくれます。

 

 

お肌を守るためのパッチテストの方法

 

外からの刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすい敏感肌の人にとって、新しい化粧品や洗顔料を試してみることは、とても勇気が要ることです。

 

魅力的な有効成分や効果があって、どんなに安全であることを示されていても、肌トラブルを経験したことがある人には、不安は常についてまわります。

 

敏感肌の人だけじゃなく女性であれば誰でも、露出する肌に使う商品に対しては、少しでも不安を感じたことがあると思います。

 

シミウス製薬の「ホワイトニングリフトケアジェル」は、高い安全性が様々な方法で証明されている製品です。

 

薬事法で定められている「医薬部外品」として厚生労働省に認可されており、シミ予防や美白効果に対する有効成分が定められた量配合されていて、改善効果が期待できることが示されています。

 

医薬部外品としての効果が期待できるオールインワンジェルが、自分の肌に合うかどうか試してみたい時は、パッチテストをしてみることをお勧めします。

 

パッチテストとは、皮膚の炎症などを引き起こす成分が含まれていないかどうかを確認するための簡単なテストのことで、ご自宅で簡単に行うことが出来ます。

 

まず、入浴後の清潔な肌に、ジェルを薄く塗布します。

 

塗る部位は、二の腕の内側がベストです。

 

ジェルを塗った部位は自然に乾燥させ、24時間後(入浴前)に肌の状態を確認してください。

 

赤みやかゆみ、水泡などの肌の異常がなければ、入浴後、今度はあごと首の境目などの顔に近い部位に同じように薄く塗布し、自然に乾燥させてください。

 

24時間後(入浴前)に肌の状態を確認し、肌に異常がなければ安心して使用を初めてください。

 

不安がある場合には、同じ部位へのパッチテストをあと数日続けて行うことや、顔への使い始めは量を少なくするなど工夫をすると良いでしょう。

 

 

プラセンタのとっても嬉しい効果

 

「プラセンタ」近年、注目される成分ではないでしょうか。

 

プラセンタとは胎盤エキスのこと。

 

哺乳類のお母さんが、お腹の赤ちゃんに送る栄養素がぎゅっと詰め込まれた胎盤。

 

聞くからにフレッシュでよく効きそうな成分です。

 

実際のところ、シミ・ソバカスの原因になる、にっくきメラニンができるのをのを抑えてくれる効果、また豊富な新陳代謝を促す成分によって、お肌のターンオーバーを早める効果が見られます。

 

長年に渡って紫外線を浴び、シミ・ソバカスができてしまったお肌・・・綺麗によみがえらせるには、☆これ以上新しいシ・ミソバカスを作らない。

 

☆既にできてしまったシミをだんだんと薄くしていく。

 

と両サイドからの働きかけが必要です。

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルには、この二本立ての効果のあるプラセンタがしっかり配合されています。

 

数十年かけて徐々にできたシミは、今日明日で治るものではありません。

 

でも、使い続けけて「これ以上作らない」「今あるものを少しずつ薄くする」ことによって数か月後、数年後、気が付いたらいつのまにかシミが薄くなったり消えてしまっていたりして、美しい肌になっていた、というものなのです。

 

 

マッサージは日焼けをしていてもやっていいかどうか気なりませんか

 

スキンケアやファンデを忘れて外出して、日焼けの経験はないでしょうか。

 

日焼け後にマッサージしていいかどうか、悩みますね。

 

紫外線をたくさん浴びて、できれば肌を整えたい気持ちが強くなり美白化粧品を使いたくなりますね。

 

しかし、日焼けは軽いやけどということはご存知でしたでしょうか? いつも問題なく使っている化粧品も、日焼け後は刺激になることがあります。

 

化粧品の成分に詳しい人以外は、避けたほうが肌のためになります。

 

シミウスジェルも、敏感肌でも使えるジェルですが日焼けの後は控えたほうが肌のためです。

 

日焼け後は、肌を冷やして刺激が少ない保湿ローションでケアしましょう。

 

日焼けをした日のマッサージは、しないほうがいいということが答えになります。

 

赤くなっていなくても、日焼けはしているので気を付けましょう。

 

肌の状態が傷ついています。

 

少しでも日焼けしたと思ったら、マッサージをやめて化粧品も選ぶということがポイントです。

 

 

シミウスは皮脂分泌量の多い肌には向いてない?

 

さっぱりとした感じの化粧品を好む傾向は、オイリー肌の方が多いようです。

 

「オイリー肌だけど、保湿力の高いシミウスジェルって使えるの?」と心配されている方もおられると思います。

 

その解答は、オイリー肌の方でも問題なく使えると思います。

 

オイリー肌の特徴として、皮脂の分泌量が多く、毛穴の数も多い肌があげられます。

 

しかし、オイリー肌の方が乾燥しないということはありません。

 

肌の内部がカサカサに乾燥している場合もあるのです。

 

肌の働きとして、肌が乾燥してしまうと水分が蒸発しないよう皮脂膜を作るため皮脂を多く分泌させようとします。

 

肌の乾燥が皮脂の過剰分泌を促している可能性も考えられます。

 

乾燥が原因となって皮脂がより多く分泌されているので、その過剰な分泌を落ち着かせるためには、まず保湿する必要性があるのです。

 

しかし、オイリー肌の方はその過剰に分泌された皮脂を取り除きたくて、さっぱり感のある化粧品を使用している方が多いのが現実です。

 

そんなさっぱり感を出す化粧品は、サラっとした使用感をアルコールを多く含有することでサッパリ系に仕上げています。

 

そのアルコールは蒸発しやすい上に、加えて蒸発時に肌の水分も一緒に持って行ってしまうので、肌は一段と乾燥してしまう結果に陥ってしまうのです。

 

オイリー肌の方のように皮脂が過剰に分泌されている方は、肌の内側はかなり乾燥しているのでサッパリ系の化粧品では、逆の効果になってしまいます。

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルの口コミを見てみますと、オイリー肌の方に比べ乾燥・混合肌の方が多く書かれているように感じました。

 

シミケアの為に生まれた、オールインワンジェルのシミウスジェル。

 

普通のお店で売っているオールインワンジェルは、保湿力はあまり高くありませんが、シミウスジェルは保湿力が高く、乾燥に悩んでいる多くの方に好んで使われていますよね。

 

そのため、口コミを見られたオイリー肌の方が「オイリー肌には、適していないのかな?」と思われ、オイリー肌の方にはあまり使用されていないように感じます。

 

ですが、現実にはオイリー肌の方も保湿の必要性がかなり高いので、シミウスジェルを使っても問題はないでしょう。

 

ですが、肌の乾燥度合いが落ち着くまでは、多少のベタつきが気になる場合もあるかもしれません。

 

そういう時は、朝使うのを暫く控えるようにして、晩だけ使うというように工夫することをおすすめします。

 

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ